HOME西中部富山地方鉄道本線(鉄道線)

富山地方鉄道 本線(鉄道線)
舌山 【次の掲載駅】 栃屋
若 栗 Wakaguri
 ●2018年10月 訪問時
【撮影日:18.10.06./掲載日:20.05.04.】
 
【撮影日:18.10.06./掲載日:20.05.04.】
 ホームには嵩上げされた痕跡が。1943(昭18)年に黒部鉄道が富山地方鉄道へ合併された後、旧・黒部鉄道の各駅では電鉄富山方面との直通を目的にホームの嵩上げが行われているので、その当時のものかもしれない。
【撮影日:18.10.06./掲載日:20.05.04.】
 若栗駅には駅舎無く、写真の建屋はどちらかというと待合室になる。ただその待合室も年代物である。とはいえ2004(平16)年には建物の修繕の手が入り、大切に使われているようだ。入口のスロープに新しく盛られたコンクリートや手すり、自転車置き場などもその時の補修で行われたものであろうか。
【撮影日:18.10.06./掲載日:20.05.04.】
 上市側にある踏切から駅構内を撮影。ホームの側面を見ると嵩上げされたり、延長したりと痕跡を見ることができる。また線路が2本と複線幅の架線柱見える。左側が現役の線路である。右側にある線路については、一部に列車交換駅であったとする意見も見られるが、貨物側線というほうが正しいようだ。貨物側線だとして、何を運んでいたかはよく判らないが、おそらく農産物か、隣接地が製材所となっているので木材とかも発送していたのかもしれない。
【撮影日:18.10.06./掲載日:20.05.04.】
 待合室部分を線路側から見る。様子をこれだけみると、トタンが曲がっていたり錆びたりしていてやや疲れが見えるが、味のある古い建屋という感じである。
【撮影日:18.10.06./掲載日:20.05.04.】
 待合室の中の様子。椅子に座布団が置かれているのは地鉄の駅ならでは。室内は整理もされている。掲示板の周りは木の枝に彩色したものが飾られており、また奥には少年漫画雑誌が置かれた本棚があり、他にも何枚か絵も飾られている。おかげで寂しい感じになりがちな待合室が多い中、当駅の待合室は飾りもゴテゴテとされているわけでもなく、明るく暖かさも感じられて好感が持てる。
 
【撮影日:18.10.06./掲載日:20.05.04.】
 駅を出発した14760形の下り電車。日もだいぶ傾いてきており、運転台の片面の窓には空の様子が綺麗に反射し映し出されていた。

 ◆写真の列車情報◆ 14760形 #3 モハ14766(+モハ14765) 1640発 143[普通]電鉄富山→宇奈月温泉
 
【撮影日:18.10.06./掲載日:20.05.04.】
 富山地鉄での駅訪問、初日は当駅で終了。写真の電車に乗って富山駅近くのホテルへと向かった。

 ◆写真の列車情報◆ 10030形 #3 モハ10046(+モハ10045) 1651発 152[普通]宇奈月温泉→電鉄富山
 
 

▲このページのTOPへ戻る