HOME西中部富山地方鉄道本線(鉄道線)

富山地方鉄道 本線(鉄道線)
西滑川 【次の掲載駅】 滑川
中滑川 Naka-Namerikawa
 ●2018年10月 訪問時
【入手日:18.10.07./掲載日:20.05.14.】
 
【撮影日:18.10.07./掲載日:20.05.14.】
 意外に、人によってこの駅名は滑らかに読めないようだ(笑)。平仮名書きにしたほうがちょっと読みにくいかもしれない。それにしても当駅のローマ字表記が一見Centuryっぽいフォントが使われているのがユニークだ。
 立山(たちやま)軽便鉄道が1916(大5)年に滑川-五百石 間を開通したときに、後に「晒屋」を名乗ることになる中滑川駅はこの場所ではなく、現在駅から直線に東へ200mほどの場所にあった。西滑川-滑川 間は1931(昭6)年11月に現在の線路に付け替えられており、旧線部分はほぼ全部が現在は道路に転用されている。ただこの線路の付け替えだが、国土地理院の国土地理院の地図・空撮写真閲覧サービスにある1946(昭21)年撮影の当地の写真を見ると、現在の中滑川-滑川 間については渡り線のような線路跡のようなものが見られる。これが本当に線路跡だとすると、1931年の線路切り替えでは西滑川駅から中滑川駅の北西側までの区間をまずは切り替えて、その後にその北西側の場所と滑川駅間を国鉄北陸本線(当時)に沿わせる現行ルートに、2段階で切り替えたということが想像できる。でもこのあたりの話はまったく探せていない。
 ちなみに現在滑川市に「晒屋」という地名は下小泉町203番地の別名?として残っており、郵便番号も単に下小泉町とは別に番号が設定されているようだ。また住所としては晒屋では無いが、当駅からあい鉄の線路を越えた北側に行った場所にある公民館の名前や、北東側にバス停名としても残っている。
 
【撮影日:18.10.07./掲載日:20.05.14.】
 当駅の駅名標は制服姿の「キラリン」がお出迎えしてくれる。キラリンの説明はお隣の「滑川」のページを参照のこと。
 
【撮影日:18.10.07./掲載日:20.05.14.】
  滑川の地名の由来は、日本海の荒波が川に入り込んでくる様子「波入川(なみいりかわ)」が転訛したという説がある。国鉄→JR→あい鉄の滑川駅は滑川の町外れに造られたのに対し、その南西に造られた中滑川駅は滑川の町中に造られた駅である。
 かつては駅前に滑川農協→JAアルプスの一部2階建ての大きな建物があり、駅もその建物に入居していたそうだ。また駅舎とホームは地下道で繋がっていたという。しかしその建屋も2013(平25)年に取り壊され、翌年に写真の2階建ての一軒家のような駅舎が竣工した。現在の駅舎とホームは上り線の宇奈月温泉側を渡る構内踏切で繋がっている。
 しかし建屋に使用された敷地はほんの一部で、駅前には広い空間が広がる。この土地に利用方法については2019(平31)年3月に整備基本構想がようやく策定されたようだが、交通拠点を交流拠点とし、防災拠点としても使うことが可能な、周囲に調和した施設と、どこの自治体でも考えるようなありきたりなものになるようである。
 
【撮影日:18.10.07./掲載日:20.05.14.】
 上の写真の180度反対側。こちら側にも出入口があるが、その前は未整備の状態。でもこの整備されていない砂利敷の所を歩いて行ける場所は特にない。写真中央に半身姿を現したキラリンが見えるが、これは缶飲料の自動販売機の側面である。
 
【撮影日:18.10.07./掲載日:20.05.14.】
 外観は一軒家みたいな駅の中は公民館のような感じがしないでもない。
 訪問時の当駅は、平日の7:00から20:00まで駅員を配置しており、その他の時間と土曜・休日は無人となっている。訪問日は日曜日ということで、当然窓口は開いておらず、ICカード乗車券も使えなくなっていた。
 
【撮影日:18.10.07./掲載日:20.05.14.】
 現在は島式ホーム1面2線の駅となっており、駅舎から遠いあい鉄線側が電鉄富山方面の1番線(左奥)、駅舎寄りが宇奈月温泉方面の2番線(右手前)となっている。この島式ホームの手前側は仕切られていて立ち入ることができなくなっている。よく見ると使用されているホームの奥側は元の基礎が石積みのホームを拡幅しており、手前は拡幅されることなく取り残されている。
 かつては2番線の隣に3番線ホームがあったそうだ。この3番線は当駅から水橋方面を経て富山港線東岩瀬駅へ延ばすことを目的として作られたとのことだが、結局路線の延伸はならなかった。もし延伸が実現していたとして、水橋方面の列車が3番線を発着するとなると地鉄本線と線路が交錯することになるので、現実的には1番線と3番線を振り替えることになるのであろう。
 
【撮影日:18.10.07./掲載日:20.05.14.】
 当駅で[特急 うなづき]どうしがすれ違う。左の電鉄富山ゆきは京阪を、右の宇奈月温泉ゆきは西武をかつては代表する[特急]列車だった。しか同じ[特急]とはいえ、京阪は運賃だけで乗車できたのに対し、西武は特別料金を徴収する列車と、サービス面では異なっていた。
 ちなみにかつては、手前に細く写る「キラリン」の駅名標と、中央奥に見える待合室の間に、解体された駅舎と繋がっていた地下道への階段があった。

 ◆写真の列車情報◆ [左]10030形 第3編成 モハ10036(+モハ10035) 1341着/1342発 UN6[特急 うなづき6号]宇奈月温泉→電鉄富山
               [右]16010形 第2編成 モハ16013(+クハ31+モハ16014) 1341着/1341発 UN3[特急 うなづき3号]電鉄富山→宇奈月温泉
 
 

▲このページのTOPへ戻る