HOME関東鹿島臨海鉄道大洗鹿島線

鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線
大洋 【次の掲載駅】 鹿島大野  
鹿島灘 Kashimanada
 ●2015.09.21.訪問時
【入手日:15.09.21./掲載日:16.04.10.】
 
 
 
【撮影日:15.09.21./掲載日:16.04.10.】
 鹿嶋市最北の駅である当駅。この辺りの東側に広がる海の名前がまさに鹿島灘なのだが、駅名はそれに由来するものなのだろうか? だとしたら随分抽象的な名前だ。駅近くに県立鹿島灘高校というのがあり、ヤマト運輸の鹿島灘センターがあるが、それ以外に鹿島灘を名乗る地名や施設は見当たらない。
 
 
【撮影日:15.09.21./掲載日:16.04.10.】
 駅前の小さな広場の柵には、県立カシマスタジアムでのJリーグ公式戦開催告知のチラシが掲示されていた。
 
 
【撮影日:15.09.21./掲載日:16.04.10.】
 雰囲気だけは、北海道の鉄建公団仕様のローカル線の駅のようである。まあ大洗鹿島線も鉄建公団建設の路線ではあるが。
 
 
【撮影日:15.09.21./掲載日:16.04.10.】
 駅に到着する下り[普通]鹿島神宮ゆき。この車両の塗装は、黒を省略した“新塗装”車と呼ばれているもの。黒がなくなっただけなのだが、引き締まった感じがなくなった。レトロっぽい感じもしなくはないが、運転台の窓ガラスが大きくて、むしろアンバランスになった雰囲気である。私が訪問したときには、私が見た新塗装車はすべてラッピング車となっていたので、側面の塗り分けの状態が今ひとつ判然としなかった。
 
 
 

▲このページのTOPへ戻る