HOME東北JR東日本常磐線

JR東日本 常磐線
いわき 【次の掲載駅】 大野→ 
夜ノ森 Yonomori
 
【撮影日:20.03.11./掲載日:20.03.11.】
 駅の西側、南側から新駅舎を撮影。駅舎とはいっても、掘り割りの渡るや屋根付きの通路に、ホームに下りる階段が分岐した丁字形の外観である。震災以前は駅を出入りするには東側の駅舎からだけであったが、今回の改築で西側からもアクセスできるようになった。
 駅の東側は常磐線再開通のタイミングで帰還困難区域が部分的に解除されたが、西側はそれ以前に既に解除されている。
 
 
【撮影日:20.03.11./掲載日:20.03.11.】
 かつては木造の駅舎が建っていたが、しかしその駅舎は2019(令1)年中に撤去された。
 駅東口に繋がる道路の帰還困難区域の立入規制解除は2020(令2)年3月10日で、その翌日に訪問した次第だが、まだ駅入り口は何やら工事が済んでいないようだ。再開通日を3日後に控えた状況で、大丈夫なんだろうけど、大丈夫なのかなーと思ってしまった。
 かつてはこちら側に駅舎があったということで駅前には商店や住宅が建っているが、その敷地は現在も帰還困難区域となって封鎖された状態になっており、九年前から何もされず年月が経過した状態で放置されている。常磐線再開通のタイミングで帰還困難区域が解除されたのは、当駅と隣の大野駅では、あくまでも常磐線と駅施設の敷地と駅まで繋がる道路だけである。
 
 
【撮影日:20.03.11./掲載日:20.03.11.】
 駅北側から構内を見る。構内は休止以前と同様1面2線で復旧され、南側に保線用の側線が1本敷かれている。この写真では判りづらいが、長いホームは駅通路の支える柱の北側に柵が設けられて、ホーム北側の大部分が嵩上げ工事も行われず、立ち入りできないようになっている。おそらく当面は5輛編成の列車しか乗降扱いをしないための措置なのであろう。
 この写真を撮影した場所であるが、私の背中から数センチ後ろ側は帰還困難区域となっている。
 
 
 

▲このページのTOPへ戻る