HOME東北JR東日本常磐線

JR東日本 常磐線
四ツ倉 【次の掲載駅】 夜ノ森 → 
末 続 Suetsugi
 ●2013.09.訪問時
【撮影日:13.09.07./掲載日:21.08.07.】
 当駅の駅舎はシンプルなやや横に長い切妻屋根。少々壁板の痛みが進行しているのが気になった。
 しかし現在は補修が行われたのか、佇まいはそのままに、ややピンクがかった赤瓦の屋根にベージュの壁色となって、ちょっとかわいらしく模様替えされた。
 
 
【撮影日:13.09.07./掲載日:21.08.07.】
 当駅の運賃表を見ると、常磐線の福島県内の駅のみの表示となっている。あまり長距離利用がないということだろうか。撮影当時は広野までしか開通しておらず、木戸以北は上から紙を貼って運賃表示が消されていた。
 時刻表を見ると、下り11本、上り12本の列車が設定されていることが判る。下り最終列車の折り返しとなる上り列車は回送列車として運用されている。この最終列車の折り返し上り列車の回送運用は掲載日現在も行われており、上りの本数が1本少ないのは変わっていない。震災前は富岡ゆきが下り最終列車で、折り返しの上り列車は翌朝の一番列車に当てられていた。
 
 
【撮影日:13.09.07./掲載日:21.08.07.】
 ホームの南側からは海を望むことができる。かつては何軒か家があったと思ったが、津波で流されたのだろうか数が減っていた。変わったのはそれだけでなく、平地の一部にはたくさんのテトラポッドが置かれていた。
 
 
【撮影日:13.09.07./掲載日:21.08.07.】
 プランターに植えられた花たちに見送られて出発した広野ゆき。駅は無人駅ながらも、近隣の住民の方によってだろうか、駅は綺麗に手入れされている様子が窺える。

 ◆写真の列車情報◆ 415系1500番台 編成番号不明 669M 1239発[普通]いわき→広野
 
 

▲このページのTOPへ戻る