HOME東北JR東日本常磐線

JR東日本 常磐線
双葉 【次の掲載駅】 桃内→ 
浪 江 Namie
 
【購入日:20.03.11./掲載日:20.03.13.】
 券売機から購入。
 
 
【撮影日:20.03.11./掲載日:20.03.13.】
 駅前に飾られていた常磐線再開通を祝うデコレーション。このハートに翼というデザインは絆とかつながりとかを表したくて使用されているのだとは思うのだが、どちらかというと愛らしい雰囲気である。まあダイヤ改正日はホワイトデーですしね。
 
 
【撮影日:20.03.11./掲載日:20.03.13.】
 代行バスの停留所。代行バスは震災後に相馬―亘理 間の運転に始まり、2014(平26)年9月に避難区域を通る国道6号の通行が再開された翌年1月に竜田―原ノ町で代行バスが運行開始される。その後は再開路線の延伸との兼ね合いを見ながらバス区間は縮小していったが、ついにその役目を終えるときがやってきた。代行バス停のデザインは、このスタイルを使用していたものが比較的多かった。
 
 
【撮影日:20.03.11./掲載日:20.03.13.】
 ダイヤ改正に合わせて無人化するというお知らせが貼られていた。かつては折り返し列車も設定されていた時期もある駅だったが、ちょっと残念である。全線再開通に合わせて特急が止まるようになるというのに、もったいない気もする。ただ駅には特急指定席券も購入可能なマルチ券売機が設置済みである。
 
 
【撮影日:20.03.11./掲載日:20.03.13.】
 ダイヤ改正に合わせて、当駅はSuica首都圏エリアの最北端の利用可能駅となる。改札口には簡易リーダーがすでに設置されており、カバーを掛けられ出番を待っていた。
 
 
【撮影日:20.03.11./掲載日:20.03.13.】
 駅構内を北側の踏切から見る。線路の輝きの状態を見ると、暫定終端駅の間は3番線が使用されていたようだ。
 常磐線の暫定的に終端となった駅を見てみると、いくつかのパターンに分かれる。当駅がそうであるように、同様の1面2線スタイルの竜田駅・富岡駅では1・2番線が上下本線で一方向にしか信号回路が無かったことから、駅舎からは遠いが、双方向に運転が可能な3番線が折り返し線として使用された。ただ竜田駅だけ当時は跨線橋の補修が必要だったこともあり、線路上に渡した仮設の橋を通ることで平面での駅舎とホームの移動が可能であった。小高駅と亘理駅はホームの無い中線で折り返し運転を行ったため、下り本線上に仮設ホームを組み、駅舎とホームを平面移動とした。広野駅については下り本線上に仮設ホームを組んで上り本線で折り返し運転を行った。久ノ浜駅・原ノ町駅・相馬駅・浜吉田駅は主に1番線を使用しての折り返しであった。
 
 
 

▲このページのTOPへ戻る