HOME東北JR東日本常磐線

JR東日本 常磐線
浪江 【次の掲載駅】 仙台→ 
桃 内 Momouchi
 
【入手日:20.03.11./掲載日:20.03.13.】
 
 
 
【撮影日:20.03.11./掲載日:20.03.13.】
 初めて当駅を訪れたのは、まだ当駅での運転が再開されていない2014(平26)年の夏だった。その当時は駅は雑草が伸び放題で、後ろの建屋と同じくらいの背丈がある雑木も生え、雰囲気は廃駅然としていた。
 今回の訪問は2度目となるが、すっかり普通の駅の表情を取り戻していた。
 
 
【撮影日:20.03.11./掲載日:20.03.13.】
 駅舎(というか待合室)へ上がる階段には、東京五輪の幟で飾られていた。
 2020(令2)年3月のダイヤ改正後、当駅は常磐線で唯一Suicaが使用できない駅になる。というのも、改正後は南隣の浪江駅までが首都圏エリア、北隣の小高までは仙台エリアに拡大されるためである。このエリアの区切りは、双葉郡域(常磐線では広野(正確には久ノ浜)~浪江)はいわき・水戸・東京方面へ、相馬郡域(同、桃内~新地)では仙台方面への指向する傾向があるという背景が、おそらく理由と思われる。そうすれば南相馬市内の桃内駅も仙台エリアに入れてあげればいいのにとも思う。
 ただ2020年春のダイヤ改正で列車の運転系統が原ノ町で分割されるので、小高・磐城太田の両駅はSuicaエリアが仙台なのに、列車はいわきへは直通するけど仙台へは乗り換えが必要と、どっちつかずの状況になってしまった。ならいっそうのこと首都圏エリアと仙台エリアを統合すればいいのではないかとも思うが、例えば鈍行のみで上野から大宮へ行くのに岩沼経由するという一筆書きSuica利用が成立することになるので(笑)、意図的に統合しないのかもしれない。でもいつかは統合しないと言っていられない時が来るのだろうけど。
 
 
【撮影日:20.03.11./掲載日:20.03.13.】
 訪問時の当駅は、単純に上下列車が交換できる2面2線の構内となっていたが、かつては2面3線だった。最初に訪れた時には雑草の中に線路が埋もれ、架線も残されていた。…ということで3番線の様子を柵越しにのぞいてみると、綺麗に線路は剥がされていた。しかも架線などもない。おそらく3番線が復活する見込みはなさそうだ。
 
 
【撮影日:20.03.11./掲載日:20.03.13.】
 駅に入線する仙台区の719系編成。2020年春のダイヤ改正以前の浪江-原ノ町 間は、上下の1番列車のみが701系の2輛編成、他は719系の4輛編成が使用されていた。改正後は原ノ町で[普通]列車は系統分離されたような運転体系に代わるため、今後当駅には勝田区のE531系だけが停車することになる。よって当駅での719系の風景も見納めだが、これをもって719系0番台の全車運用離脱も考えられなくもない。

 ◆写真の列車情報◆ 仙台区 719系 H-41+H-19(先頭はクハ719-41) 定時1202発(実際は所定より約10分遅れ) 128M[普通]原ノ町→浪江。
 
 
 

▲このページのTOPへ戻る