HOME東北JR東日本常磐線

JR東日本 常磐線
駒ヶ嶺 【次の掲載駅】 亘理→ 
浜吉田 Hamayoshida
 ●2015.09.訪問時
【撮影日:15.09.20./掲載日:21.07.23.】
 前回の訪問から14ヶ月が経過していたが、特に駅舎の大きな変化は見られない。
 
 
【撮影日:15.09.20./掲載日:21.07.23.】
 駅構内を南側からのぞき見る。仮設の車止めが建てられているのは14ヶ月前と変わりなかった。大きく違うのは、元中線があったと思われる場所が除草されていたことであろうか。
 
 ◆写真の列車情報◆ E721系 編成番号不明 244M 1306着 [普通]仙台→浜吉田<折返>245M 1349発[普通]浜吉田→仙台
 
 
【撮影日:15.09.20./掲載日:21.07.23.】
 写真は駅の南側の、内陸移転の線路の北側の工事起点の付近で、岩沼方向を見ている。バッテンが貼られた信号機は下り用の場内信号機で、その次の単線架線柱から架線が張られており、電気機関車の機回しくらいならできそうな感じである。その次に見える門柱形の架線柱の場所に駅構内南側の分岐器がある。
 
 
【撮影日:15.09.20./掲載日:21.07.23.】
 写真は旧線と内陸移転線の分岐付近の様子で、日暮里方向を見ている。旧線はガードレールフェンスの左側を一直線に進んでいた。移転線は右に分岐し緩やかに曲がっていく道路の左側の敷地になる。この時点では移転線には架線柱がカーブして立ち並んでいる様子がわかる。
 
 
【撮影日:15.09.20./掲載日:21.07.23.】
 移転線の工事現場に近づくと、すでに線路が敷設されていることが判る。線路上には軌陸車のトラックが停車していることから、この時点でかなりの距離の線路の敷設が実施されたことが窺い知れる。
 
 
   
 ●2014.07.訪問時
【購入日:14.07.25./掲載日:21.07.23.】
 
 
 
【撮影日:14.07.25./掲載日:21.07.23.】
 駅名標の片側の隣駅である「山下」の表記が隠されていた。当時の当駅は常磐"北"線の終端駅であった。再開通するまでに、この時点からまだ2年あまりの月日が必要だった。
 
 
【撮影日:14.07.25./掲載日:21.07.23.】
 当駅は電車に乗って何度か通過したことがあるが、訪問したのはこの時が初めて。ただこの当時は震災による不通区間があったため、列車ではなく自家用車での訪問だった。それにしても写真の駅舎の左側の屋根上に立つ長いアンテナがなんとも気になる。これは震災以前からあった設備なのだろうか、それとも再開通をさせる際に取り付けられたものだろうか。後者と考えると、仮の終端駅となったことから、運転指令関係のやりとりが必要になったためと考えるかもしれない。
 
 
【撮影日:14.07.25./掲載日:21.07.23.】
 駅舎内は、窓口があって、券売機があって、カードリーダーがあって、1行表示のLED番が設置されて…、って、JR東日本の地方の有人駅らしい内容である。でも室内は綺麗にに保たれており、白い天井と明るい色調の壁板のおかげなのか、変に暗さを感じることがなく印象がよい。
 
 
【撮影日:14.07.25./掲載日:21.07.23.】
 ホームから駅舎を見たところ。もちろん撮影に際しては上項の入場券を購入しての立ち入りである。駅舎建屋の周りにひさしが取り付けられているが、その柱を見ていると、携帯電派の電波状況を示すアイコンのようにも見えてしまう。…なんか発想が現代人(笑)。
 
 
【撮影日:14.07.25./掲載日:21.07.23.】
 1番ホームから日暮里方向を見る。線路の先には仮の車止めが設置されているのが解る。写真左には、2番線側の出発信号にバッテンが貼られており、なんだかローカル線の末端側が一部廃止になったような雰囲気である。架線は仮の車止めのちょっと先まで張られているが、その先となると饋電終端の標識もなく架線柱自体がなくなっていることが解る。
 
 
【撮影日:14.07.25./掲載日:21.07.23.】
 こちらは代行バスの浜吉田駅バス停(上り・相馬方面のりば)。常磐線の北側を浜吉田まで再開通させた際に、代行バスは亘理駅乗り換えのままとされたため、このバス停は起終点ではなく中間点として設置が継続された。理由としては、浜吉田駅の駅前に複数のバスを滞留させる充分なスペースがないことや、バスの走行は可能ではあるものの駅と国道を結ぶ道路の道幅がやや狭かったことや、駅と国道が2km以上離れていることなどがあったためと考えられる。
 ちなみに同じ場所に亘理町民乗合自動車の中原バス停が立っている。この中原バス停は亘理駅を起点とするサニータウン線の終点となっている。写真のバス停は降車専用のポールで、コミュニティーバスにしては律儀に設置したものだと思った(掲載日現在は撤去されている?)。ちなみにこの先500mほど南下した場所に山元町の町境がある。
 
 
 

▲このページのTOPへ戻る