HOME関東鹿島臨海鉄道大洗鹿島線

鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線
新鉾田 【次の掲載駅】 大洋  
北浦湖畔 Kitaura-Kohan
 ●2015.09.21.訪問時
【入手日:15.09.21./掲載日:16.04.06.】
 北浦湖畔駅の整理券番号は「9」。ここでも鹿島旭の「6」同様に、数字の下に「バン」の文字を振って上下方向を示している。ただこの「バン」の文字、なんだか「バツ」と書いているように見えてしまう。
 
 
【撮影日:15.09.21./掲載日:16.04.06.】
 大洗鹿島線の多くの駅では、駅名標の後ろに見えるような赤と白の帯が壁に引かれているところがある。
 
 
【撮影日:15.09.21./掲載日:16.04.06.】
 当駅の出入り口は、写真の鹿島神宮側にあるこの階段になる。
 
 
【撮影日:15.09.21./掲載日:16.04.06.】
 ホーム全景を西から見たところ。ホームは築堤の上にあり、周囲に遮るものがない吹きさらしとなっている。その対策のためか、ホームには待合室が設けられている。ホームは一見直線上に設けられているように見えるが、実際は若干反っている。
 周囲は人家もまばらだが、個人的には大洗鹿島線の中では1番に印象に残った駅であった。よく思い返してみると、大洗鹿島線の中で築堤の上にホームが築かれている駅は、大洗駅と当駅のみである。
 
 
【撮影日:15.09.21./掲載日:16.04.06.】
 北浦を左手に眺めながら進行していく水戸行きを、ホームから望遠で撮影。当該の列車は2両とも広告でラッピングされてる。
 この写真を見てると、雑誌なんかでよく載っていた、今では廃線となってしまった鹿島鉄道の風景写真にも似ている感じがした。場所は全く違うが、北浦に面しているというロケーションは同じである。
 
 
【撮影日:15.09.21./掲載日:16.04.06.】
 駅名に違わず、北浦の湖畔までは駅からは数百メートルと近い。次の列車まで時間がしばらくあったので、湖畔の方へ歩いて行ってみた。すると、黒鳥が一羽、私を出迎えてくれた。
 
 
 

▲このページのTOPへ戻る