HOME関東上信電鉄 上信線

上信電鉄 上信線
根小屋 【次の掲載駅】 馬庭
山 名 Yamana
 ■2012年10月 訪問時
【撮影日:12.10.07./掲載日:19.09.09.】
 当駅は1面2線の交換可能駅。
 最近になって写真にある、駅名標の下の「みんなで歩こうOL(オリエンテーリング)」という表示がちょっと気になった。案内には番号と上信電鉄KKの名前が入っているのだが、これはオリエンテーリングのコース作りに上信電鉄が関わっているということなのだろうか…??
 
【撮影日:12.10.07./掲載日:19.09.09.】
 県道から住宅地の道に入っていった先にある山名駅の駅舎は、カラーリングが近年の上信線の標準車体色(アイボリーに緑色の帯)に何となく似ている。
 室町時代から戦国時代にかけて山陰地方を治めていた山名氏は、当地が発祥だそうだ。赤い枠の駅名標示の下に山名八幡宮の文字が見えるが、この八幡宮も山名氏との関わりがあるという。現在は安産と子育て、養蚕、商売繁盛の神社として信仰されているという。

 
【撮影日:12.10.07./掲載日:19.09.09.】
 当駅も平日ベース(平日と奇数週の土曜)の営業駅で、営業時間帯も朝夕の通勤通学時間帯のみであった。
 駅舎の中には、小学生が学校の通学に電車を使用しているのであろうか、駅でのルールを守ろうという趣旨の歌が掲出されている。歌とはいっても、歌詞の周りに音符が飾られているだけでメロディーは不明である。歌詞には待合室で騒がないようにと書いている一方で、ホームで歌でも歌って待ちましょうと矛盾があったり、誤字も見られる。なんというか…、この掲示はもうちょっと考察した方がいいかなー。
 
【撮影日:12.10.07./掲載日:19.09.09.】
 駅舎をホーム側から見たところ。色遣いは駅舎正面と変わらないが、緑の面積が多いせいか、正面とはちょっと違う印象である。
 
【撮影日:12.10.07./掲載日:19.09.09.】
 駅の側にある山名変電所。上信線には山名、上州福島、南蛇井に変電所がある。南蛇井変電所は山名変電所とそれほど大きさは変わらないが、上州福島変電所は大規模の電力を扱っているようで、2階建てよりも大きなコンクリート建屋が建っている。
 
 

▲このページのTOPへ戻る