HOME関東上信電鉄 上信線

上信電鉄 上信線
上州七日市 【次の掲載駅】 南蛇井
上州一ノ宮 Jōshū-Ichinomiya
 ■2012年10月 訪問時
【撮影日:12.10.07./掲載日:19.10.01.】
 
 
【撮影日:12.10.07./掲載日:19.10.01.】
 一見して古さを窺える駅舎。でも手入れはされているようで、佇まいは綺麗である。屋根をよく見ると、中間で角度が変わっているのが面白い。これはただ単に意匠だけなのだろうか、何か意味があるのだろうか。当駅も平日ベースのみの時間限定駅員配置駅である。
 
【撮影日:12.10.07./掲載日:19.10.01.】
 ホーム側から駅舎を見る。こちら側の屋根は途中から角度が変わっていない。手前側に赤いトタンで作られた屋根が増設されており、そこには駅舎を通らずともホームと行き来できるようになっている。しかし現在はそこは閉ざされたままになっている感じであった。
 
【撮影日:12.10.07./掲載日:19.10.01.】
 駅舎ホーム側の柱に、縦長で仮名書きの駅名標が設置されている。他の上信線の一部の駅でも同様のものが見られる。でも同様なものは他の鉄道で私は見たことが無い。でも何か情緒を感じる、古きアイテムである。自転車があるのは、ここが有料駐輪場であるため。
 
【撮影日:12.10.07./掲載日:19.10.01.】
 構内踏切のホーム側に、詩碑が建てられている。「ふるさとの駅には 優しい母のにおいがする 旅から帰ってくると そのふところに抱かれたくなる」と書かれている。これは当駅近くに住んでいた作詞家でもあり書家でもある鈴木比呂志 氏による「ふるさとの駅」という作品だそうで、かつて上州一ノ宮駅駅長が待合室に作った「詩の壁」という空間に掲示された作品のひとつだという。鈴木氏は群馬県を中心とした学校の校歌を多く作成しており、また「交響曲ぐんま」という楽曲作品にも携わったという。ただこの石碑だが、どうやらオリジナルは"母のにおい"のところは"母の匂い"、最後の"抱かれたくなる"も"抱かれたく奈る"(「奈」は変体仮名)と微妙に文字表記が違うようだ。
 
【撮影日:12.10.07./掲載日:19.10.01.】
 写真のクハ1301は、もともと3輛編成で登場した1000形の高崎側の先頭車だった。2001(平13)年に短編成か改造された際に、オリジナルの運転台部分はモハ1201(改造でクモハ1201)に移設され、クハ1301には新たにの写真のような運転台が設置された。改造後は増結用とされていたものの、実際は下仁田側に両運転台のクモハ232とペアを組んで現在も運用されることが殆どのようである。訪問時はウサギの絵が愛らしいヨコオ食品工業→ヨコオデイリーフーズのラッピング車"ムーンラビット号"となっていた。その後広告を外され、アイボリーの車体に数学のルート記号のような水色の帯という塗装でいたが、2019年になって上半分が水色で下半分がアイボリーという、まるで阪神5000系の登場時のような塗装になっている。

 ◆写真の列車情報◆ 1000形 クハ1301(+250形 デハ252) 1222発 23[普通]高崎ー下仁田
 
【撮影日:12.10.07./掲載日:19.10.01.】
 こちらはマンナンライフ「蒟蒻畑 ララクラッシュ」のラッピングを纏っている500形の第2編成。掲載日現在もマンナンライフによるラッピングか継続されているとのこと。マンナンライフも上項のヨコオデイリーフーズも、主にこんにゃく芋を原料とした製品を展開する食品会社で、いかにも当地ならではといったところである。
 写真の500形第2編成は2005(平17)年に西武からやってきた編成。第1編成はその前年に導入されている。

 ◆写真の列車情報◆ 500形 クモハ504(+クモハ503) 1247発 30[普通]下仁田ー高崎
 
 

▲このページのTOPへ戻る